So-net無料ブログ作成
ミスパイロット 感想 8話 感動 ブログトップ

ミスパイロット 感想 8話 感動 [ミスパイロット 感想 8話 感動]

ミスパイロットの感想ですが、第8話は、とっても感動しました。



どんどん良い展開になってきてるなーーと思います。

今回は、千里がどんな進路を選択するのかに
焦点が当たっていました。

とにかく、みんなが一丸となって千里の心配をするのですが
千里には千里の確固たるプライドがあるし
そう簡単に人に言われたからといって

はい。そうですね。とはいきません・・・

それは、絶対に分かります。

そんな千里の葛藤がどんな風に溶けていくのか
そのあたりの過程が見ごたえありました。

パイロットになりたい!という強い意思があって
落ちた訳ですから、その悲痛な思いははかりしれません・・・

パイロットになる確りつは相当低いわけで
簡単にはいきませんでした。

そんな千里は、空に関係する仕事はおろか
仲間達をうらやましがりながら近くにいたくはない!

という思いを仲間に訴えました・・・

そこのシーンがジーーンときましたね(>_<)

もう、女の感情むき出しで
あの冷静な千里が嫉妬心を見せたりする姿が
とても可愛かったです。

今までのツンとした姿をずっと見ているだけに
突然泣き出した千里の姿は、ショックでしたが

教官の国木田さんが
「おまえ、女丸出しだな」といったセリフが印象的でした。

そんな可愛らしい女の姿を見せた事によって
いっきにみんなと近づきました。

そして、千里も父の案内で、空の仕事は様々なんだと
教えられ、見せられ、変化していきます。

そう!長い目でみたら、職につけるありがたさが
年を取るとわかるんでしょうが、一度位の挫折なんて
なんでもありません。

千里は、結果、退職せず、別の方向で仕事をする決意をします。

良かった・・・

次回も楽しみです。

★相武紗季さんに関連する楽天市場 最新商品はこちら>>★














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ミスパイロット 感想 8話 感動 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。